スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 薬袋一久の独り言(その39) | main | 薬袋一久の独り言(その40) >>

ミステリー26(by小池秀典)

【elevator】の折り返し地点が近づいております。小池です!
ALICEチームの協力により、作品に集中させて頂けている僕ら。
その感謝の気持ちは、作品で返していかないといけない。
そして、その思いは、ご来場下さったお客様にも還元される。
本当に、いい環境でお芝居させてもらえるてることを、嬉しく思います!!
本番二日目に来て、作品が演出の手を離れ始めました。
それは、作品に関わってくれている皆の力であるし、お芝居の七不思議でもあります。
作品が、ひとり歩きを始めるんです。
稽古のときは、作り手である人間が作品をコントロールしている感覚なんですが、作品がひとり歩きを始めると、演出してきたことでさえ、作品に動かされてたんだと思わされて仕方ありません。
お釈迦様の手のひらにいる孫悟空の気分です。
と同時に、親離れした子供を見ている気分にもなります。

矛盾してますが、それでもやっぱり僕らが作っている作品です。
作り手の僕らの前進する気持ちと、お客様の声が結局のところ作品を成長させてくれます。
まだまだ先へ・・・!!

明日が折り返し地点。
多くの方に見て頂きたく思っています。
楽しんでほしいという気持ちと、作品に翻弄されてほしいという悪戯な気持ちがあります。
作品の解釈は、お客様の数だけあります。
のこり3日間。
まだ、見ていない方、見たけど真相が分からない方、ぜひぜひ観に来て下さい☆

小池秀典
| elevator稽古場日誌 | 23:55 | - | - |

スポンサーサイト

| - | 23:55 | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--